薬剤を使ってイタチ駆除やネズミ駆除を実行

薬剤を使った駆除はイタチやネズミを住宅から追い出すことができます

ネズミ駆除・イタチ駆除を行なうなら薬剤を使おう

イタチ駆除やネズミ駆除を実施して被害を改善する場合は、高い効果を発揮できる駆除方法で害獣を退治しましょう。特に薬剤を使った駆除は簡単に実施することができ、効果も優れているため多くの地域で活用されています。被害に遭わないための環境作りと共に駆除を実施しましょう。

ネズミに薬剤を食べさせて駆除

ネズミ

ネズミ駆除に使われる薬剤には主にワルファリンやジフェチアロールなどの成分が使われており、長期間ネズミに摂取させることで徐々にネズミを駆除することができます。薬剤の効果は遅効性なので、ネズミを警戒させることなく駆除することが可能です。ネズミが薬剤を摂取してから効果が現れるまでの期間は3日から5日程になります。

どこに薬剤を設置するか

薬剤を使ってネズミ駆除を行なおうと思っています。薬剤を設置するならどこが効果的ですか?
ネズミの餌場となっている場所に設置するのが最適です。薬剤を設置する際はネズミの被害にあった食品を薬剤に混ぜておき、ネズミに違和感を与えないように配慮することがとても重要です。ネズミは警戒心が強い生物のため、薬剤を設置してもすぐには手を出しません。ネズミが環境に慣れるまでには一週間程かかるので、薬剤を設置した後はひたすら待ちましょう。長期間しっかりと薬剤を設置し続ければ、確実にネズミを駆除することが可能です。

イタチ駆除ができる薬剤

イタチ駆除なら忌避剤が効果的です(害獣駆除業者)

イタチなどの害獣は鳥獣保護法で駆除することが禁止されているため、個人で捕獲や駆除を行なうことはできません。しかし屋根裏や軒下などの場所に忌避剤を設置しておけば、住宅からイタチを追い出すことは可能です。侵入口となりそうな場所に忌避剤を設置しておけば、イタチが住宅内に侵入するのを予防することができます。

薬剤を使って駆除する時に気を付けたいこと

薬剤を使ってネズミを駆除する場合は、ペットなどが薬剤を摂取しないように注意する必要があります。設置を行なう場合はきちんと設置場所を限定しておき、他の部屋からは食料などを全て撤去しておかなければなりません。またペットを放し飼いにしている場合は薬剤の被害を受けないように、ケージへ避難させておくのが最適です。駆除が完了した後は薬剤をきちんと処分し、住宅内に薬剤が残っていないことを確認してからペットを放しましょう。

イタチ駆除は勝手にしてはダメだった

イタチは鳥獣保護法の対象となっており、自然界の食物連鎖を守るために勝手な駆除を行なうことは禁じられています。そのため許可を得ないまま薬剤を使ったイタチ駆除を実施すると、法律違反としてペナルティを受けてしまう可能性が高いです。自宅でイタチによる被害が発生していて困っている場合は、まず市町村にイタチ駆除の許可を申請しましょう。きちんと許可が出た後に駆除を実施すれば、たとえイタチを捕獲してしまっても法律違反になることはありません。業者に任せると安心です。

TOPボタン