イタチ駆除やネズミ駆除を行なった後の対処

薬剤を使った駆除はイタチやネズミを住宅から追い出すことができます

薬剤によるネズミ駆除・イタチ駆除の難点

薬剤を使ってネズミ駆除やイタチ駆除を行なうことはとても簡単ですが、駆除が完了した後はきちんと後始末を行なわなければいけません。きちんと後始末が行なわれていないと、住宅や家族に悪影響が及んでしまいます。

ネズミ駆除後の死骸の処理

警戒するネズミ

ねずみが薬剤を摂取すると数日後に死滅しますが、死んだネズミをそのまま放置しているとウジやハエが発生して病気の原因となる可能性が高いです。薬剤を使用した後は住宅内を調査し、死んだネズミを回収しておきましょう。また死んだネズミが落ちていた場所は細菌が多く存在するため、回収を行なった後は消毒を行なう必要があります。

イタチ駆除は許可なしに行なうと罰せられる

イタチは狩猟制度に基づいて駆除する場合と、法による許可を受けた場合にのみ捕獲や駆除を行なうことが可能です。許可なくイタチを捕まえると、一年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課せられてしまいます。そのため住宅でイタチによる被害が発生した場合は駆除の許可を申請するか、認可を得ている駆除業者に依頼を行なう必要があります。

ネズミ駆除を業者に依頼するついでにイタチ駆除も任せよう

イタチ駆除を行なう際は市町村に駆除の許可申請を行なうため、イタチによる被害が悪化してしまうことが多いです。住宅で発生している害獣被害をなるべく早く解決したい場合は、駆除業者に害獣駆除を任せておきましょう。

業者に頼んだ方が良い

害獣駆除のことでなんでも相談ください(駆除業者)

薬剤を使った害獣駆除は一般の方でも行なうことができますが、間違った方法で駆除を行なうと家族やペットに悪影響を与えてしまいます。私たちのような駆除業者に対応を任せておけば、害獣駆除を実施することで住宅や家族に悪影響が生じることはありません。イタチ駆除やネズミ駆除などいろいろな施工を取り扱っているので、まずはご相談ください。

サービスが充実している

駆除業者の多くはきちんと住宅調査を行ない、状況に合わせて的確な駆除を行なってくれます。施工を実施する際は、事前に作業費用を確認することが可能です。きちんと保証期間も用意してくれるので、被害の再発にもすぐ対応できます。

TOPボタン