イタチ駆除・ネズミ駆除の後は予防対策を実施しよう

薬剤を使った駆除はイタチやネズミを住宅から追い出すことができます

ネズミ駆除・イタチ駆除の後には対策することも大事

ネズミ駆除やイタチ駆除を実施すると住宅内から害獣がいなくなるため、害獣被害は発生しなくなります。しかし予防対策を行なわないでいると再び害獣が住宅内に侵入してしまい、被害が再発してしまう危険性が高いです。

ネズミを発生させない環境作り

食べ物がない環境
ネズミはエネルギーの消費が激しいため、3日から4日程餌を食べずにいると餓死してしまいます。そのため住宅内にネズミの餌となるものが存在していなければ、ネズミが住宅内に住み着くことはありません。住宅内で食料を管理する際は戸棚やタッパーなどに保管し、住宅内に存在する食料がネズミに食べないようにしましょう。
寒い環境
住宅内の気温が低いと、ネズミの被害が発生する確率は大幅に減少します。これはネズミが寒さにとても弱く、気温が10度以下の場所では行動できなくなってしまうからです。そのため、ネズミが住宅内に住み着くのを防ぐには食料を冷凍庫などの温度が低い場所で保管し、ネズミが食料を入手できないように対処する必要があります。

イタチを寄せ付けない薬剤を使って対策

イタチは警戒心が強くて学習能力があるので、住宅から追い出した後は住宅周辺に忌避剤を設置して侵入を防ぐ必要があります。まずはイタチの侵入口となっている場所を塞ぎ、その後忌避剤を周辺に置いておきましょう。現在販売されている忌避剤の多くは天然由来の成分を多く使用しているため、安心して使用することが可能です。

薬剤を設置して予防対策を行なうことで、害獣被害の再発はきちんと予防することができます。しかし害獣被害の再発を完全に防ぎたい場合は、駆除業者に予防対策を実施してもらうのが最適です。まずは問い合わせを行なってみましょう。

TOPボタン